関西広域連合議会2月定例会

関西広域連合議会2月定例会が開催され、一般質問を行いました。 本日の質問者は14名。私の持ち時間は8分。 今回の私の質問テーマは「人口減少対策について」。コロナ禍日本全体の人口減少は顕著で婚姻の減少に伴い来年度の出生数は80万人を下回る。関西圏でも40年前に比べて半減の15万人を下回る予想。少子化対策は国家的課題であるにも関わらず関西広域連合では具体的な対策はほとんど取られていない。関西広域連合が先頭にたち少子化に対して明確な方針、ビジョンを発信していくよう要望した。答弁者は仁坂連合長(和歌山県知事)。